検査・治療について|ふくだ整形外科|熊本市東区隣接の益城町の整形外科検査・治療について|ふくだ整形外科|熊本市東区隣接の益城町の整形外科

〒861-2232 熊本県上益城郡益城町馬水805

トピックス TOPICS

検査・治療について

DEXA法による骨粗しょう症
検査を行っています

当院では日本骨粗鬆症学会が推奨する腰椎と大腿骨のDEXA法による正確な骨粗しょう症検査を行っています。
X線を少し当てることで骨密度を正確に測定することができます。

当院の治療

薬物療法

骨粗しょう症は、カルシウムやビタミンなどの栄養素が補給できる薬による治療が中心となります。

種類

カルシウム製剤

カルシウム製剤単独での骨折抑制効果は弱く、カルシウムは食事から摂取する事が基本です。但し食事からのカルシウム摂取不足やビタミンD欠乏が存在する場合には補充療法を検討します。

活性型ビタミンD製剤

医療機関では、市販されている天然型ビタミンD製剤より効果の高い活性型ビタミンD製剤を処方します。ビタミンDは腸管からのカルシウム吸収増加等の作用で骨折の予防が期待されます。ビタミンD製剤は他薬剤との併用で処方されることも多くなっています。

SERM(選択的エストロゲン受容体モジュレーター)

エストロゲン(女性ホルモン)の受容体に作用してエストロゲンと同様の骨吸収抑制効果で骨折を抑制します。閉経後比較的早期の女性に高い効果が期待できますが、ビスホスホネート製剤が使えない高齢の女性にも処方されます。乳がんや心血管疾患の予防効果もあります。

ビスホスホネート製剤

骨吸収を強力に抑制することで骨密度が増加し、骨折を抑制します。骨折のリスクが高い高齢者の骨粗しょう症治療で第1選択となる薬剤です。内服で処方されることが多くなっていますが、内服で効果が低い場合や内服困難な方では注射剤が選択されます。副作用として最大0.1%の頻度で顎骨壊死が指摘されており、歯科との連携も大事です。

デノスマブ

6ヵ月に1回の皮下注射で投与します。強力に骨吸収を抑制して持続的な骨密度の上昇が得られ、脊椎圧迫骨折のみならず大腿骨の骨折も抑制します。ビスホスホネート製剤で効果のない方や長期にビスホスホネート製剤を使用している高リスクの方で使用する事が多いです。

テリパラチド

副甲状腺ホルモンの活性を有する皮下注射製剤です。骨形成促進作用を持ち強力に骨量を増加させ骨折を抑制します。毎日の自己注射、週2回の自己注射、週1回の通院での注射という3剤の選択肢があります。製剤により使用期間が18~24ヵ月と制限されているため、終了後も骨折のリスクが高い方はビスホスホネート製剤やデノスマブで治療を継続することが推奨されます。

ロモソズマブ

1ヵ月に1回を目安に行う皮下注射製剤です。一過性の強力な骨形成促進作用と持続的な骨吸収抑制作用により著名な骨密度上昇と骨折抑制効果が認められています。骨形成促進作用が一過性であることから使用期間は12ヵ月に制限されており、使用終了後はビスホスホネート製剤やデノスマブで治療を継続する必要があります。比較的新しい薬剤ですが、重症な骨粗しょう症への有効な治療薬となっています。

食事療法

低体重や肥満は骨粗鬆症のリスクとなります。適正な体重を維持し、1日3食のバランスの良い食事の摂取が基本となります。そのうえでカルシウムの摂取に留意しましょう。乳製品、大豆製品、青物野菜、海藻類、小魚を積極的に食事に取り入れて下さい。またビタミンDも骨粗しょう症予防のために食事からとれる大事な栄養素です。秋刀魚 太刀魚などの魚、干しシイタケ等のキノコ喉から摂取できます。

運動療法

骨に適度な負荷を加えることは骨強度を増し、骨粗しょう症の予防に役立ちます。それだけではなく、ウォーキングなどの運動を行えば運動機能が向上し転倒による骨折予防にも寄与します。ロコモ予防もかねての運動指導を当院では行っています。